ルール

男子サッカーのオリンピック代表にのみ存在するオーバーエイジ(Over Age)とは?

オン・ザ・ピッチ管理人
男子サッカーのオリンピック代表にのみ存在するオーバーエイジ(Over Age)とは?

投稿日:

オリンピックが近くなってくると聞く機会が増えてくる「オーバーエイジ」という言葉。

最近では本田圭佑選手が東京オリンピックのオーバーエイジを目指すと宣言してましたね。

本田、長友、武藤…立候補者があとを絶たない東京五輪のオーバーエイジは誰が適任か

けれども、サッカーをあまり見ない方にはオーバーエイジの事を理解していない方も多いと思います。そこで、今回は「オーバーエイジ」について解説をします。

 

オーバーエイジとは

オーバーエイジOver Age)とは、既定の年齢を超えている選手起用のことを言います。オリンピックの男子サッカー競技の出場資格には「本大会開催前の12月31日時点で23歳未満の選手を18人登録して行う」という規定があります。しかし、本大会に限り、24歳以上の選手を18人の中に3人まで登録できるという規定もあります。この24歳以上を3人まで登録というのが「オーバーエイジ」というわけなのです。

ちなみに女子サッカーにおいては、出場資格の年齢制限が存在しないため、オーバーエイジという制度もありません。

 

オーバーエイジのメリット・デメリット

オーバーエイジのメリット・デメリット

メリットは代表チームに足りない能力を持つ選手を招集できる点です。若いからこそ、国際舞台での豊富な経験をチームに還元できたり、リーダーシップを発揮できる選手が選ばれる傾向があります。

デメリットは若い選手たちの出場機会の減少です。代表選手を選出するときに、オーバーエイジを最大で3枠使用すると15人しか23以下の選手を選出できなくなってしまいます。それが、出場機会の損失につながり、国際舞台での経験を積めません。

以上により、オーバーエイジを使用するかどうかの論争が勃発するのです。

 

日本におけるオーバーエイジによる出場選手

日本におけるオーバーエイジによる出場選手

楢崎正剛(2000年、シドニー五輪)

森岡隆三(2000年、シドニー五輪)

三浦淳宏(2000年、シドニー五輪)

曽ヶ端準(2004年、アテネ五輪)

小野伸二(2004年、アテネ五輪)

吉田麻也(2012年、ロンドン五輪)

徳永悠平(2012年、ロンドン五輪)

塩谷司(2016年、リオ五輪)

藤春廣輝(2016年、リオ五輪)

興梠慎三(2016年、リオ五輪)

上記から、今まで、1996年のアトランタオリンピックと2008年の北京オリンピック以外ではオーバーエイジ制度を使用して大会に臨んでいます。つまり、デメリットよりもメリットのほうが大きいと考えていることがよくわかります。

 

まとめ

2020年に東京オリンピックが開催されることもあり、注目度も高いです。だからこそ、メダルを獲得するために、オーバーエイジにも注目が集まり話題になることは間違いないでしょう。

また、誰が選ばれるのか予想しながらサッカーを見るのも面白いと思います!今後の動向に注目していきたいところです。

-ルール
-, ,

関連記事

あまり知られていない第4の審判員の役割とは?

サッカーでは試合開始と終了のホイッスルを吹く主審とラインズマンといわれる副審がよく知られています。ですが4人目のレフェリーがいることはご存知ですか?今回は、あまり知られていないけど重要な役割を担う第4 …

レッドカードの正式なルールと事例

イエローカードをもらうことがあってもレッドカードをもらうことは、サッカー人生を通してみても稀でしょう。退場処分は出場機会を奪われる上にチームにも迷惑が掛かります。今回は退場処分を意味するレッドカードに …

そんなに違うの?サッカースタジアムのコート面積・大きさ・広さ

サッカーコートは、ピッチやフィールドとも呼ばれます。狭いと感じたり、広く感じたりすることはありませんか?実はスタジアムによって広さが異なります。プロの選手は、そのわずかな距離の差にも微妙な調整を行って …

意外と知らない!アシストの正確な定義

サッカーのアシストの定義はご存知ですか? アシストを知らない人はいないと思いますが、正確な定義まで知っている人は少ないのではないでしょうか?今回はアシストについて紹介していきます。   目次 …

コーナーキックはチャンスなのか?コーナーキックのポイントとデータ分析

コーナーキックは相手陣内で行うことができる数少ないセットプレーで、大きなチャンスです。しっかりと得点に結びつけたいのはもちろんですが、失点しないようにトレーニングすることも大事です。今回はコーナーキッ …

話題のニュース