ポジション

MF(ミッドフィルダー)とは、どんなポジション?MFの役割と資質について

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:
更新日:

MF(ミッドフィルダー)とは、FW(フォワード)DF(ディフェンダー)の間のポジションでハーフ(Half)とも呼ばれています。ミッド(Mid)は中間、フィールド(Field)はサッカーコートなので、サッカーコートの中間にいる人という意味ですね。そのため、攻撃と守備のどちらもバランスよくこなることを求められるポジションです。

ミッドフィルダー(Mid Fielder)がサッカーコートの中盤にいるポジションの選手であることに対して、守備的な選手のことをディフェンダー(Defender)あるいはバック、攻撃的な選手のことをオフェンス(Offence)あるいはトップと呼びます。

 

翼くんは中学からMFへ転向

小学校編ではFWをしていた翼くんですが、中学校からはMFになりました。その理由はロベルト本郷からの手紙に書いてあったからです。翼はゲームメイクができるMFの方が向いているとして、それに翼くんもそれに従っています。

このことからも分かるようにMFはゲームメイクをするポジションです。どうやって攻撃するのか、どうやって守備をするのか、どうやって勝つのか。試合中でも常に適切な判断を迫られる難しいポジションといえるでしょう。

キャプテン翼の続編、ワールドユース編ってどうなの?オススメのシーンと一緒に紹介します!

 

MFの役割

MFの役割は多岐に渡ります。というより、サッカーにおけるすべての役割を担うので、これをすれば良いというのがありません。その中でも特に重要だと考えるものを挙げてみます。

得点のアシスト

サッカーは得点を奪い合うスポーツですので、そのアシストは非常に重要です。ゴールすることが役割であるFWにラストパスを送ることがMFの役割の一つです。

ボール運び

アシストがラストパスであるのに対して、ラストパスを送るためにボールを相手ゴールに近づけるボール運びもMFの役割です。ビルドアップなどとも呼ばれますが、DFやFWとも連携しながらになりますが、自陣にあるボールを相手ゴールにより近づけられるようにします。

ボール運びは最終的にどうやってゴールするかということを決める要素になるので、ゲームメイクにあたります。

ゲームメイクの阻止

MFがゲームメイクをするということは同ポジションにいる相手MFもゲームメイクをしています。その選手をマークして自由にさせないようにすることもMFの役割です。

 

繰り返しになりますが、MFは攻撃・守備ともバランスよくこなる必要があります。攻撃とは点を取ることで、守備とは相手からボールを奪うなので、そのためにできることはすべてやらなければなりません。上記にはMFにとって特に重要な3つ挙げましたが、積極的にミドルシュートを打ってゴールする、ボールを奪うことなどもあります。

 

MFに必要なテクニック

MFの主な役割はアシストやボール運びと書きましたが、それらはパスによるものです。つまりMFに必要なテクニックは正確なパスです。パスをすればトラップもしなくてはならないので、トラップも必要になります。また敵が前方にいなければドリブルでボール運びをすることもありますし、真ん中にいれば前後左右から相手がボールを奪いに来ます。つまり、基本的には細かくボールをコントロールする技術全般が必要なのです。

 

MFに必要な資質

MFに必要な資質は周囲との連携です。攻撃にも守備にも参加するMFは、パスをつなぐ・マークを受け渡すなどのチームとしての協力プレーが必須だからです。悪い言い方になりますが、独りよがりのプレーがFWに必要な場合もありますが、MFにはほとんど必要ありません。周囲とコミュニケーションがしっかりとれる選手がMFに向いているのではないでしょうか。

 

MFの種類

MFには様々な呼び方があります。日本では『ハーフ』というのが一般的かもしれません。(ただ、ちょっとダサい感があります。)ハーフには主にオフェンシブハーフ・ディフェンシブハーフ・サイドハーフがあります。

オフェンシブ・ハーフ

オフェンシブ・ハーフはトップ下とも呼ばれ、コート中央よりやや前目に位置します。自分でも点が取れ、ゲームメイクができる攻撃の要になるポジションです。攻守に目立てるポジションになりますので、サッカーの花形のポジションとも言えるでしょう。

トップ下とは?攻撃の要となるトップ下の役割と必要なスキル、資質

ディフェンシブ・ハーフ/ボランチ

ディフェンシブ・ハーフはボランチとも呼ばれ、コート中央よりやや後ろに位置します。相手のオフェンシブ・ハーフや攻撃のキーマンをマークすることが多くなりますので、守備における重要なポジションです。

サッカーにおいて重要な役割を担う「ボランチ」とは?ボランチの技術と戦術について

サイドハーフ

サイドハーフはウイングとも呼ばれ、コートの左右中盤になります。サイドにおける攻撃・守備ともにするので、ライン際をひたすら往復する運動量が必要なポジションです。

 

MFは総合的にサッカーが上手い

一概に言えませんが、MFはボールを触る回数が多いポジションです。そのためボールコントロールの技術は必須です。またゲームメイクをすることから、サッカーにおける点の取り方、ボールの奪い方を知っている必要があります。そういった意味でもMFは『サッカーが上手い』選手がいるといえます。

 

-ポジション
-,

関連記事

スーパーサブとは?スーパーサブに必要な能力

スーパーサブとは?スーパーサブに必要な役割と能力・補欠とは何が違う?

スーパーサブと聞くと皆さんどんな印象をお持ちでしょうか?「ベンチ要因で試合に出られない選手」「先発に入れない選手」そんなネガティブなイメージをお持ちではないでしょうか? 実はそれは全て間違いなのです。 …

FW(フォワード)とは、どんなポジション?FWの役割と必要な資質について

サッカーの花形プレーヤーと言えば「FW(フォワード)」ですよね!サッカーを含む球技の見どころは何といっても点を取るシーンでしょう。そして最も点を取る役割を与えられているのがFW(フォワード)です! 海 …

トップ下とは?攻撃の要となるトップ下の役割と必要なスキル、資質

サッカーのポジションには様々な呼び方があります。トップ下というのも、そのひとつではありますが、初心者には分かりにくい部分もあります。 今回はトップ下というポジションについて詳しく解説していきたいと思い …

3バック(スリーバック)と4バック(フォーバック)の違い

3バック(スリーバック)と4バック(フォーバック)の違い・それぞれの守備の特性を確認しよう

フォーメーションの中で、3バック(スリーバック)や4バック(フォーバック)という言葉を聞いたことがある人はかなり多いと思います。今回は3バック、4バックそれぞれの特性を紹介していき、実践で活用できるよ …

ゴールキーパー(GK)のコーチングについて・声を出してコーチングできるようになるためには?

よくゴールキーパー(GK)に関わらずチームのコーチが子供達に「声だせ!」「指示しろ!」と言う姿をよく目にします。特にGKは一番うしろにいる=全部がみえる(自分以外の全てのプレーヤー)ため、適切にコーチ …

話題のニュース

サッカー見るならWOWOW

お申し込み月は無料でオトク