ルール

ペナルティーキックは先攻か後攻か?成功率から考えるPK必勝法

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:

Pocket
LINEで送る

サッカーにおいて、ペナルティーキックは最大の得点チャンスです。ですが「決めて当たり前」というプレッシャーは予想以上にキッカーを苦しめます。さらにPK戦ともなれば外したら負けという後がない状況にもなりえます。どんな状況でも決められるようにトレーニングしておくのはもちろんですが、データから見るペナルティーキックの必勝法を知っておくのもいいでしょう。

 

ペナルティキックとは

ペナルティーキックとは、攻撃側の選手が相手ゴールラインから12ヤード(約11m)離れたペナルティーマークにボールを置いてキックするもので、ペナルティーエリア内で直接フリーキックに該当するファウルを犯したチームに対する罰則にあたります。

ペナルティーキック時にはキッカーとGK(ゴールキーパー)以外の選手がペナルティーエリア内(ペナルティーアークを含む)に侵入することはできません。シュートが直接ゴールせず、GKがはじいたりポストやクロスバーに当たった際には、こぼれ球をゴールに押し込む、あるいはクリアするなどの対応が必要になります。ペナルティーエリアのライン際に立ちキックと同時に走り込みます。

PK戦とは

また試合が引き分けに終わった場合、勝敗を決定するために交互にペナルティーキックを行うPK戦を行う場合があります。両チームとも5人の選手がキックし、得点数を競います。5人がキックしても引き分けの場合は、さらに1名ずつキックし勝敗が決まるまで続けられます。

 

ペナルティキックの成功率

ペナルティキックの得点成功率はおよそ7割~8割になります。4回または5回に1回は失敗することになります。そう考えると結構多い印象になります。もちろん1試合に何回もPKがあるわけではありませんから、キッカーは残りの2~3割にならないことを祈るばかりです。

 

どこに蹴るか

主に3つのコースがあります。右か左か真ん中か。さらに上下に分けるなら左上、上、右上、左下、下、右下の6つになるでしょう。上を狙うのは少し勇気がいります。なぜならクロスバーを越える危険があるからです。ロベルト・バッジョも外しましたし。

真ん中に蹴るのは相手GKを目掛けて蹴るわけですから非常に勇気がいります。余程の自信がなければ蹴らないのが無難でしょう。

 

相手GKが先に動くケース

基本的にペナルティキックではGKがシュートコースを予測して止めようとしますが、GKが早く動き過ぎれば、キッカーはキック直前にシュートコースを変えることができます。これは遠藤保仁選手のコロコロPKで有名で、相手GKが動く瞬間を待ってからキックするためグラウンダーの弱いキックでも逆を狙って得点することが可能です。

 

パスという選択肢

かなりトリッキーなプレーになりますが、ペナルティキックでパスを選択することも可能です。ルール上、キックに関してはボールを前に蹴ることのみを規定しているため、軽くボールを前に蹴り出しペナルティエリア外から味方選手が走り込んでシュートを打つこともできます。

7~8割の成功率であるペナルティキックでトリッキーなプレーが必要かどうかは疑問ですが、守備側の選手としては警戒しておかなければならないことでしょう。

 

PK戦は先攻?後攻?

興味深いデータがあります。PK戦は先攻の方が圧倒的に成功率が高く、勝つ確率が高くなっています。また特筆すべき点は後攻の5本目のキックは異常に成功率が低くなっています。外せば負けるというプレッシャーから来るものと考えられます。

PK戦になったら迷わず先攻を選ぶ方がよいということが分かります。

先攻 後攻

1本目 77% 69%

2本目 69% 54%

3本目 77% 54%

4本目 77% 58%

5本目 89% 33%

 

まとめ

必勝法と書きましたが、必ず勝てれば競争になりませんので、そんなものはありません。。。なるべくプレッシャーを感じず、落ち着いて蹴る環境を整えることが大事といえるでしょう。

-ルール
-, , ,

関連記事

馬鹿にされるサッカーのプレーといえば”シミュレーション”

馬鹿にされるサッカーのプレーといえば”シミュレーション”

「あの選手、あんなに痛がって大丈夫だろうか。」 サッカーにおいてそんなシーンはよく見かけられます。大抵の場合には数秒後に立ち上げり元気いっぱいのプレーを続けています。これには、本当に痛かったの?と疑っ …

アドバンテージをとってプレーオンにするジャッジの難しさ

アドバンテージをとってプレーオンにするジャッジの難しさ

サッカーでは競技規則をもとに試合が円滑に進むようレフェリーが笛を吹きます。時にはミスジャッジをすることもあり、選手や監督にキレられることもしばしば。しかし90分間の試合中に幾度となく繰り返され迫られる …

直接フリーキックと関節フリーキックの違い

直接フリーキックと関節フリーキックの違い

相手が反則を犯した場合、FK(フリーキック)を蹴る機会が与えられます。FKには直接フリーキックと間接フリーキックがあり、直接の場合は直接ゴールすることが認められます。逆に間接の場合はゴールするためにプ …

そんなに違うの?サッカースタジアムのコート面積・大きさ・広さ

サッカーコートは、ピッチやフィールドとも呼ばれます。狭いと感じたり、広く感じたりすることはありませんか?実はスタジアムによって広さが異なります。プロの選手は、そのわずかな距離の差にも微妙な調整を行って …

Brazuca

公式試合で使われるサッカーボールってどんなの?

サッカーボールと言えば、白黒で六角形のパネルを合わせたもの(テルスター)をイメージしますが、現在ではほとんど見かけませんね。1970年代の白黒テレビでも視認性が高いため採用されたと言われていますが、時 …

話題のニュース