ルール

公式試合で使われるサッカーボールってどんなの?

オン・ザ・ピッチ管理人
Brazuca

投稿日:
更新日:

サッカーボールと言えば、白黒で六角形のパネルを合わせたもの(テルスター)をイメージしますが、現在ではほとんど見かけませんね。1970年代の白黒テレビでも視認性が高いため採用されたと言われていますが、時代とともにデザインが変わってきたのです。

今回はサッカーボールについて紹介していきます。

 

サッカーボールの種類

白黒サッカーボールにはテルスターというブランド名称があるように、サッカーボールには名前がついています。それぞれの特徴とともに紹介していきます。

ERREJOTA(エレホタ)

errejota

2016シーズンのJリーグ公式試合球に採用されたサッカーボール。

2015年公式試合球のコネクト15同様、6枚、均一形状パネルにより構成されています。これによって、ボールバランスと飛行安定性が向上しています。さらに、表皮構造に改善を加えることで、キック時やリバウンド時のグリップ力を強化しています。また、ブロッキングデザインによって飛行時の視認性を高めています。

【Jリーグ】2016シーズンの公式試合球が決定

 

Brazuca(ブラズーカ)

Brazuca

2014年ブラジルFIFAワールドカップで採用された試合球。ブラズーカはブラジル人の間で国の誇りを表す言葉だそうです。

 

FRACAS(フラカス)

FRACAS

フランスで開催されたEURO2016の決勝トーナメントで採用されたサッカーボールで、フランス語で「騒動」を意味しています。ボールバランス、飛行安定性が向上。キック時やリバウンド時のグリップ力を強化。またブロッキングデザインによって飛行時の視認性を高めています。ちなみにグループステージではBEAU JEU(ボー ジュ)というボールで、意味はフランス語で美しいゲーム。

 

サッカーボールの種類により戦術が変わることがあります。大きさや重量、気圧が同じでも、素材や構造が異なるとキックの質も変わります。公式試合を意識するならトレンドにあわせたボール選びも必要になってくるでしょう。

 

サッカーボールの大きさと重さ

サッカーボールの大きさは、種類が異なっていても規定があります。また大きさには年代ごとに異なっており、3~5号球までが一般的です。

Jリーグ規定

・外周は、70cm(28インチ)以下、68cm(27インチ)以上

・重さは、試合開始時に450g(16オンス)以下、410g(14オンス)以上

5号球

標準の大きさ。プロ公式および中学生以上の大きさ。

・周囲:68~70cm
・直径:約22cm
・重量:410~450g

4号球

小学生用の大きさ。

・周囲:63.5~66cm
・直径:約20.5cm
・重量:350~390g

3号球

小学生とくに低学年用の大きさ。

・周囲:58~60cm
・直径:約19cm
・重量:300~320g

その他

1号球・2号球もありますが、サインボールやリフティング用として利用されています。

 

試合球・検定球

サッカー協会の競技規則でもある通り、サッカーボールは厳正な審査を通ったものでなければ試合で使われることはありません。

すべてのボールは、FIFAや各大陸連盟の主催下で行われる公式競技会の試合において、 次のいずれかを付けていなければならない。

FIFA検定ロゴ

・FIFAクオリティプロ

・FIFAクオリティ

・国際試合ボール基準

上記のロゴが記載されているボールは検定球として国際試合で利用されます。その他に日本独自のJFA検定球があります。

jfaapproved

 

サッカーボールを購入する際には検定球かどうかは重要なポイントになると思います。価格も高くなりますが、その分しっかりとして品質なので安心です。

-ルール
-, , ,

関連記事

イエローカードの正式なルールと事例

イエローカードやレッドカードは試合の流れを大きく変えてしまう可能性があります。攻勢にでていたチームの選手が退場してしまい、10人で戦わざるをえなくなり守備一辺倒になってしまう。そんな勝敗にも大きく関わ …

キーパーチャージは死語?!いま使うと恥ずかしいかも・・・

私は今でもキーパーチャージという言葉を使いますが、みなさんはどうですか?現在ではキーパーチャージという言葉は正式には使わないようです。   目次1 キーパーチャージとは2 キーパーチャージは …

男子サッカーのオリンピック代表にのみ存在するオーバーエイジ(Over Age)とは?

男子サッカーのオリンピック代表にのみ存在するオーバーエイジ(Over Age)とは?

オリンピックが近くなってくると聞く機会が増えてくる「オーバーエイジ」という言葉。 最近では本田圭佑選手が東京オリンピックのオーバーエイジを目指すと宣言してましたね。 本田、長友、武藤…立候補者があとを …

あまり知られていない第4の審判員の役割とは?

サッカーでは試合開始と終了のホイッスルを吹く主審とラインズマンといわれる副審がよく知られています。ですが4人目のレフェリーがいることはご存知ですか?今回は、あまり知られていないけど重要な役割を担う第4 …

ペナルティーキックは先攻か後攻か?成功率から考えるPK必勝法

サッカーにおいて、ペナルティーキックは最大の得点チャンスです。ですが「決めて当たり前」というプレッシャーは予想以上にキッカーを苦しめます。さらにPK戦ともなれば外したら負けという後がない状況にもなりえ …

話題のニュース