ルール

サッカー場の大きさを比較!他の競技場とサッカー場はどちらが広い?

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:
更新日:

サッカー場の大きさは105m×68mの約7140平米です。スタジアムにより若干の差はあるものの、基本的には競技規則で決められているとおりで大きく異なることはありません。今回はサッカー場の大きさを他の競技と比較してみたいと思います!

そんなに違うの?サッカースタジアムのコート面積・大きさ・広さ

野球

大きさを比較する時に必ずでてくる東京ドームですが、その敷地面積は46,755平米、グラウンド面積は13,000m2。サッカーと比較するとグラウンド面積は約2倍になるんですね。サッカー場も作ってくれたらいいのに。

東京ドームシティ公式サイト

テニス

テニスコートの大きさは23.77m×10.97mの約260平米になります。競技に参加する人数(2人 or 4人)からすれば当然ですが、かなり小さいです。

 

フットサル

フットサルコートの大きさは38~42m×20~25mで約760~1050平米になります。サッカーの7分の1相当です。競技人数は10人(5人 VS 5人)ですので約半分とすると、かなりスペースは小さくなりますね。

 

ラグビー

ラグビーコートは100m×70mで7,000平米で、ほぼサッカーを同じです。サッカーとラグビーは兄弟みたいなところがありますから、グラウンドを共有しているところも多いのではないでしょうか?ただサッカーはグラウンドの質が命ですから、ボコボコになった地面ではやりたくないのが本音ですよね。

 

ハンドボール

ハンドボールコートの大きさは40m×20mで800平米になります。フットサルコートに近いですね。競技人数は7人対7人の14人ですので、フットサルよりもさらにプレーできるスペースが狭いといえます。

 

バスケットボール

バスケットボールのコートの大きさは28m×15mで420平米になります。ハンドボールの約半分です。

 

まとめ

やっぱり日本で最も人気の高い野球のグラウンドは圧倒的に広いですね。ですが野球の半分の面積でいいわけですから、サッカースタジアムも都心にほしいところです。フットサルは省スペースなので、続々と増えてきていますし。きっと、いずれ、この先。

-ルール
-, , , , , , ,

関連記事

あまり知られていない第4の審判員の役割とは?

サッカーでは試合開始と終了のホイッスルを吹く主審とラインズマンといわれる副審がよく知られています。ですが4人目のレフェリーがいることはご存知ですか?今回は、あまり知られていないけど重要な役割を担う第4 …

今さら聞けない!オフサイドとは?初心者にも分かりやすいオフサイドルールのガイド

日本でもサッカーの人気が急速に上昇してきています。いままでサッカーに興味なかった人もサッカーの話題が自然と耳に入ってきます。そんな時、知らなかったじゃすまされない『オフサイド』のルールについて解説しま …

アディショナルタイム

アディショナルタイム(旧ロスタイム)とは?アディショナルタイムのルールと決め方

いつからかロスタイムという言葉は失われてアディショナルタイムが普及しました。懐かしいサドンデスやゴールデンゴールも今は昔ですね。というわけで、今回は初心者にも分かりやすいアディショナルタイムの解説です …

オフサイドラインとは?オフサイドを知るなら、まずはオフサイドラインから

初心者にとってオフサイドを理解するのは難しいことです。ゴールしたと思ってもオフサイドで取り消され、落胆する経験はサッカーファンであれば誰しもあることです。しかしオフサイドをちゃんと理解すれば、そのよう …

そんなに違うの?サッカースタジアムのコート面積・大きさ・広さ

サッカーコートは、ピッチやフィールドとも呼ばれます。狭いと感じたり、広く感じたりすることはありませんか?実はスタジアムによって広さが異なります。プロの選手は、そのわずかな距離の差にも微妙な調整を行って …

話題のニュース