戦術

バイタルエリアは戦場!現代サッカーで攻略すべきポイント

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:

Pocket
LINEで送る

サッカーの戦術は時代によって移り変わっています。それとともに新しい用語が産まれてきますので、サッカーをより知るためにはチェックしておくべきしょう。今回は現代サッカーの攻撃において最も重要なエリア、バイタルエリアについて紹介します。ちなみにバイタル(Vital)とは「生命の」という意味です。つまりバイタルエリアは生きるか死ぬかを分けるサッカーの戦場であると言えます。

 

バイタルエリアとは

バイタルエリア(Vital Area)とは、守備側のMF(ミッドフィルダー)DF(ディフェンス)の間のスペースを指します。主にボランチとセンターバックの間です。単にバイタルということもあります。このエリアにボールを入れられてしまうと、シュートはもちろん、前後または左右へのパスなど幅広い選択肢が与えられるため、失点の危険度が高まります。

Wikipediaに掲載されている1.ペナルティーエリアの中でゴール幅と同じ幅のエリアの事。というのは、現在ではあまり理解されないと思います。2.DFとMFの間のスペースのこと。ペナルティアーク周辺のDFラインとMF(セントラルMF・守備的MF)の間のスペース。がしっくりきます。

以前に紹介した楔(クサビ)のパスというのはバイタルエリアを有効に使うためのパスの一つです。FW(フォワード)はDFを背負う形でボールをキープし、次のアクションへとつなぎます。

楔(クサビ)のパスは守備陣形を突破する攻撃の合図!

 

バイタルエリアでの対策

攻撃にバイタルエリアを使わせないためには、まずボールを入れされないことです。それには、バイタルエリアへのパスコースを潰します。基本的にはボール保持者へのプレッシャーですが、一人だけでは難しいため後方の選手もケアすることになります。

そしてスペースを空けないことも重要です。ボランチとセンターバックの間の距離を小さくし、バイタルエリアを狭くすることも対策の一つです。そのためにはフィールドプレーヤー10人が、なるべくコンパクトになり、間延びしないように陣形を整えます。

またボールを入れられてしまった場合、厳しいプレッシャーでボールを奪取します。場合によってはボランチとセンターバックでサンドし、バイタルエリアで自由にプレーさせないようにします。ただし無理にボールを奪いに行き、かわされるということは避けなければなりません。優先順位としては抜かれない>前を向かせない>ボールを奪うという順になるでしょう。センターバックがあまり食い付いてしまうと今度はDFとGK(ゴールキーパー)の間にスペースが生まれますので、これも注意が必要です。

 

ポゼッションサッカーはバイタルエリアを狙う

ポゼッションをしているときは必ずバイタルエリアを意識してボールを回します。バイタルエリアを狙うことでDFの意識は中央に向かいますので、次はサイドを狙います。ポゼッションサッカーによる攻撃は中央⇒サイド⇒中央⇒サイドの連続になっているはずです。

バイタルエリアに入れた後は選択肢が無限にありますので、様々なゴールのイメージを掴んでおきましょう。

ポゼッションサッカーの特徴と魅力

 

-戦術
-,

関連記事

リスタートこそチャンス!リスタートの意味とポイント

サッカーにおいて試合中の90分間は一度も気を抜いてはいけない時間です。それはアウトオブプレーになった時にも同様のことがいえます。リスタートをチャンスにするため、失点につなげないためには攻守とも集中を切 …

試合終了間際はパワープレーで押し切ることも必要?

試合終了間際はパワープレーで押し切ることも必要。パワープレーとは?

サッカーは運に大きく左右されるスポーツです。絶対的な力の差があっても勝ちきれないゲームを多く見てきました。もちろん負けてしまう要因のすべてを「運」のせいにすることは良くはありませんが、100%成功する …

天気によって変わるサッカー戦術の違い

サッカーでは雨天決行でやることがほとんどです。ひどい雷雨の場合は別ですが、厳しい環境でも戦う気持ちを見せることがサッカー選手というものでしょう。では雨の日の戦い方は、いつもと同じでいいのでしょうか?今 …

ロングボールは悪?キック・アンド・ラッシュ戦術のメリット・デメリット

ポゼッションという言葉は最近でもよく耳にしますが、キック・アンド・ラッシュについてはご存知ですか?今回はポゼッションサッカーとは対をなすキック・アンド・ラッシュ戦術について紹介したいと思います。 ポゼ …

高度な守備戦術、プレッシングのポイント

「サッカーとは?」という問いに対しては様々な解答があると思います。例えば「手を使わないスポーツ」「得点を競い合うスポーツ」などが挙げられると思いますが、「ボールを奪い合うスポーツ」でもあります。点を取 …

話題のニュース