技術

「マノン!」というサッカーの掛け声・・・マノンとは?

オン・ザ・ピッチ管理人
「マノン!」というサッカーの掛け声・・・マノンとは?

投稿日:
更新日:

Pocket
LINEで送る

長くサッカーをしているとサッカー界でも様々な言葉が生まれているように感じます。筆者が無知であったためとも言えますが、やはり日本はサッカー後進国であり、サッカー用語は外国語が主です。用語の流行り廃りも海外に依存しているように感じます。何それ?というサッカー用語がないように最新のキーワードなどもチェックしていきましょう。

まったく最新ではありませんが、今回は「マノン!」という選手間で交わされる言葉を紹介したいと思います。

 

マノンとは

マノンとはMan-On、つまりマークが付いていることを味方選手に知らせる言葉・掛け声です。例えば、クサビのパスを当てる際、FW(フォワード)は後方を確認しにくい状況です。すぐ後ろにマークが付いているので警戒するよう、周囲の選手が促すときに使います。反対にマークがいないときは「ターン!」というのが一般的です。敵が来ていないわけですから積極的に前を向いてプレーさせるわけですね。

楔(クサビ)のパスは守備陣形を突破する攻撃の合図!

 

マノンと言われたら

マノンと言われた場合、まず第一に後方のDFに不用意にボールを奪われることがないように警戒します。またサッカーではターンの対義語にも当たりますので、ボールを後ろに下げろ(落とせ)という意味合いもあります。ただパスかドリブルかキープかというのは、ボール保持者であるFW(フォワード)の判断に委ねられますから、不用意にボールを奪われないことを考えます。

 

日本人はあまり使わないか?

サッカー選手であれば誰でも聞いたことがあると思いますが、日本では馴染みが薄いかもしれません。というのもマークが来ていることは、「来てる!」とか「落とせ!」でも十分に通じるからです。人それぞれだと思いますし、私はあまり使っていませんでした。もちろん世界で活躍する選手・それを目指す選手にとっては必要なのかもしれませんよね!フローバルな視点で考えれば、普段から声を掛けられるように慣れておくのもいいでしょう。

 

-技術
-,

関連記事

目からウロコ!スローインは唯一サッカーで手が使えるプレー

サッカーにおいて軽視されがちなスローインですが、それを攻略しなければ強くはなれないでしょう。コーナーキックやゴールキック以上に回数の多いセットプレーですので、ピンチにするのではなく大きなチャンスへと変 …

スコーピオン

サッカーで伝説のキックと言えばスコーピオンキック

サッカーにもいくつかの伝説があります。伝説のゴール、伝説の選手、伝説の名将・・・。その中でも今回は伝説のキック、スコーピオンキックについて紹介します。オーバーヘッドキックよりも難易度が高く、滅多に見る …

ロングスローのポイントと投げ方

ロングスローといえばロリー・デラップというアイルランド人選手が有名ですが、近年でもよく見かけられる効果的な攻撃戦術のひとつです。ロングスローによって投げられるボールはコーナーキックやセンタリングに近い …

ボディシェイプが判断力のカギ!サッカーでは常に体の向きを意識する

サッカーではボールを持った時、ドリブルかパスかシュートかなど様々な選択肢が与えられます。しかし実際には周囲の状況により選択肢が限られており、判断を誤るとボールを奪われてしまいかねません。今回はサッカー …

オフ・ザ・ボール

オフ・ザ・ボールの動きがサッカーの大部分を占めている!オフ・ザ・ボールとは

サッカーは足でボールを蹴るスポーツと理解されがちですが、実際に特定の1人の選手がボールに触っている時間は非常に短くなっています。そのためオフ・ザ・ボールの動きがボールを足でコントロールすること以上に重 …

話題のニュース