キック

強烈なシュートと正確なロングパスを可能にする!インステップキックとは

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:
更新日:

Pocket
LINEで送る

サッカーはボールを足で蹴るスポーツです。蹴るためにはいくつかの方法があり、場面に応じて使いこなす必要があります。インステップキックは、その一つです。サッカー初心者にとっては非常に難しく、正確かつ速くキックするためには、ある程度の熟練度が必要でしょう。今回はインステップキックについて、プロによる応用技術も含め紹介していきたいと思います。

 

インステップキックとは

インステップキック(Instep Kick)とは、サッカーにおける基本的な技術で、足の甲でボールを蹴ることです。単にインステップともいいます。インステップはインサイドキックの次に試合中に使う技術になりますので、自然に使いこなせるように習得しておくべき技術といえるでしょう。ちなみに、インステップ(Instep)は足の甲を意味しています。

 

インサイドキックについての記事はこちら。

正しいインサイドキックのポイントと練習方法

 

インステップキックの特徴

インステップは足の甲でキックする分、ボールに当たる面積が少なく、正確な精度のシュートやパスを出すことが難しい技術です。ですが、上手くボールの中心に当てることができれば力が効率的に伝わり、より早く、より遠くに飛ばすことができます。

そのためインステップはロングパスや強烈なシュートに適しています。具体的にはDF(ディフェンス)から相手の裏を取るようにFW(フォワード)へパスをしたり、MF(ミッドフィルダー)がペナルティエリア外からロングシュートを打つ時などが挙げられます。

 

インステップキックのコツ

正確にインステップでキックするためには、いくつかのポイントを抑える必要があります。

ボールの中心をしっかり叩く

ボールの中心を叩く(キックする)ことは非常に重要です。前述したとおり、中心に当たらないとボールに上手く力が伝わらないというのと、意図したコースへボールが飛ばないということがあります。

また足の甲は伸ばして、ブレないように固くしておきます。プラプラしていると力が逃げてしまいますし、方向も定まりません。

軸足に体重を乗せる

軸足にしっかりと体重を乗せることでボールにも力が伝わります。踵から踏み込み、体重を乗せてからキックします。軸足は狙っている方向を向き、ボールの横で踏み込みます。キック後はつま先へ重心が移動して、自然に地面から離れていくようになっているのが理想的です。

膝下をコンパクトに振り抜くスピード

インサイドキックとの大きな違いの一つに膝下を大きく振り抜くことが挙げられます。膝を軸にして鞭(ムチ)のようにしなやかに足先を回転させることで、膝下のスピードが速くなります。スピードが上がれば、それだけ強くインパクトさせることができますので、インステップのポイントになるでしょう。

膝下を柔軟に使うことができると強いインパクトができるだけでなく、シュートのモーション(動作)を小さくして相手DFやGK(ゴールキーパー)にブロックさせる時間を与えないという効果もあります。また余計な力が必要なくなるので、コントロールしやすく精度が高くなるでしょう。

上体のバランス

キックなので足に集中しがちですが、上体のバランスも見ておく必要があります。ゴールを狙うような強烈なシュートを打つ場合には低い弾道にするため、上体はボールにかぶさる様にやや前傾姿勢になります。ロングパスのように相手の頭上を大きく越え高く遠くに飛ばすためには、やや上体を起こした姿勢になります。

上体が地面に対して垂直であるとインステップでは蹴りにくいので、ボールに対してはやや斜めに入ります。軸足の外側に重心が寄るイメージなります。セットプレーなどで十分な助走がとれる場合には、初めから角度をつけることで自然なキックができます。

 

インステップキックの練習方法

熟練度に応じて練習方法が異なりますので、いくつか紹介します。

リフティング

まずは基本的なサッカー練習法のリフティングがあります。実際に試合中にリフティングすることはほとんどありませんので、足の甲でボールの中心を叩く感覚を身に付けます。強くける必要はありませんので、ボールの中心をキックし、真上に上げられるよう留意します。何回でも地面に落とさずに続けられるようにしましょう。

対面パス

手でボールを持ってから落として宙に浮いているボールをインステップでキックして、対面にいる相手にパスします。ここでも強くキックする必要はありません。あくまでのパスの要領で、ボールの中心を蹴ることを意識します。ボールに回転が掛からないようにキックできれば問題ありません。

また慣れてきたらボールを地面に置いた状態でインステップでのパス交換をします。はじめはボールをしっかり止めてフリーキックのようにしても問題ありません。実際の試合ではボールが止まっていることはセットプレー以外はないため、最終的にはトラップでボールを動かしながらパス交換ができればよいでしょう。

ライナーやロビングなどの球種にも変化をつけて練習することを考慮してください。

ドリブルシュート

対面パスにも慣れてくると正確にボールが蹴れる技術が身についてきますので、ドリブルシュートの練習でスピードを保ったままインステップが蹴れるようにトレーニングしていきます。特にFWにとっては絶対的に必要な技術です。ゴールの枠をしっかりと捉えられるように反復して練習してください。

 

インステップキックの応用

インステップキックを極めたプロの技術とは、どんなものがあるでしょうか?

カーブを掛ける

ボールの中心を蹴るというのをポイントの一つにしましたが、逆にずらすことでカーブを掛け、相手から逃げる・あるいはゴールに吸い込まれるようなシュートが可能です。元ブラジル代表ロベルト・カルロスによる伝説のフリーキックが良いお手本です。動画をご覧ください。

 

無回転シュート

カーブを掛けるに対して、まったくカーブを掛けないシュートもあります。ほとんどカーブが掛かっていないとボールは空気抵抗により、急激に軌道が変化します。GKにとっては、どこに飛ぶのか分からず反応が遅れてしまい、止めるのが困難です。こちらも動画がありますので、ご覧ください。

 

-キック
-, ,

関連記事

初心者とプロの違い。トーキックの凄さと可能性について

子供たち、特に就学前~低学年のサッカーを見ているとトーキックによるボールコントロールが主ですよね。ボールを蹴る楽しさやサッカーの楽しさを学ぶためには大切な時期ですから、無理に教え込むよりは自由にプレー …

相手をあざ笑うかのようなトリックプレー、チップキックとは

チップキック(Chip Kick)とは、ボールの下に足を滑り込ませるようにしてボールを蹴ることで、スピードの遅い浮き球かつバックスピンをかけることができます。チップは欠片の意味があり、優しく少しだけボ …

攻撃の起点となる精度の高いパントキックのポイント

攻撃の起点となる精度の高いパントキックのポイント

サッカーのGK(ゴールキーパー)の仕事はゴールを守ることですが、近年ではペナルティエリア外でのボールコントロールやビルドアップにも参加するようになり、攻撃面での役割が増えてきています。パントキックは古 …

ここぞという時のアウトフロントキック

サッカーの試合では大きく5つのキックがよく使われます。その中には、ここぞという時にしか使われないアウトフロントキックがあります。最も難易度が高く、できれば使いたくないというのも本音ではあることでしょう …

サッカーで大事な5つのキック技術+2

サッカーは足でボールを蹴るスポーツですが、足と言っても幅が広く、状況によってどの箇所でボールを蹴るか使い分けられています。技術的には大きく5つに分類されますので、今回は5大サッカーのキック技術+2を紹 …

話題のニュース