戦術

サッカー3大システムとは?

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:

Pocket
LINEで送る

サッカーでシステムという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。チームのフォーメーションや役割を表していますが、現代のサッカーでは大きく3つのシステムがありますので、紹介していきます。

※今回はフォーメーション=システムとしています。

 

4-4-2

DF4人、MF4人、FW2人で構成されるシステム。DFはフラットになり、ラインを形成します。MFはフラットにする場合とダイアモンド(ひし形)にする場合とボックス(箱型)にする場合があります。サッカーコート上にまんべんなく選手が配置されていて、攻撃・守備ともバランスの取れているフォーメーションともいえます。

 

4-3-3

DF4人、MF3人、FW3人で構成されるシステム。4-1-2-3や4-2-1-3などとも言われます。FWが3人となる攻撃的な布陣であり、そのうちの両サイドを切り崩すウイングを使ってコートを広く攻めるのが大きな特徴です。MFの3人は中盤をコントロールする役割を持ちます。ボランチを二人にするか一人にするかで、さらに細かい戦術が分かれてきます。

 

3-5-2

DF3人、MF5人、FW2人で構成されるシステム。フィリップ・トルシエが日本代表監督になった時に採用された「フラット3」は有名です。DFが3人となり両サイドにスペースが生まれますが、5人のMFでカバーしつつ、攻撃時には中盤を支配できます。

 

その他

4-5-1も一般的になっています。4-2-3-1などとも言われます。中盤でボールを回しやすくゲームを支配できます。FWはワントップになるので、ポストプレーでボールを収める役割も期待されます。身長の高い選手やフィジカルに長けている選手を起用します。

 

最後に

3-4-3や3-6-1などもありますが、いまいちバランスがよくない模様。フォーメーションは在籍する選手の特徴によっても変わってきますので、練習試合などで試しておくことも大事になってきます。

またフォーメーションは昔とは変わってきています。今後、急激に変化することは少ないと思いますが、トレンドは知っておくべきですね。

-戦術
-,

関連記事

天気によって変わるサッカー戦術の違い

サッカーでは雨天決行でやることがほとんどです。ひどい雷雨の場合は別ですが、厳しい環境でも戦う気持ちを見せることがサッカー選手というものでしょう。では雨の日の戦い方は、いつもと同じでいいのでしょうか?今 …

コンパクトなサッカーって?

子供たちのサッカーをよく「お団子サッカー」などと表現されますが、現代のサッカーにおいても「コンパクト」と表現されるようにボールを中心に選手が集まっています。今回はコンパクトなサッカーについて解説してい …

サッカーのゾーンディフェンスの基本。種類と特徴を理解してディフェンス・守備の理解を!

サッカーのゾーンディフェンスの基本。種類と特徴を理解してディフェンス・守備の理解を!

今回は現在サッカーの戦術の基本であるゾーンディフェンスについてまとめてみます。 ACミランのアリゴサッキ監督によって作り上げられて、世界中のサッカーチームの守備の基本となっているゾーンディフェンスを理 …

バイタルエリアは戦場!現代サッカーで攻略すべきポイント

サッカーの戦術は時代によって移り変わっています。それとともに新しい用語が産まれてきますので、サッカーをより知るためにはチェックしておくべきしょう。今回は現代サッカーの攻撃において最も重要なエリア、バイ …

楔(クサビ)のパスは守備陣形を突破する攻撃の合図!

サッカーのテレビ解説などでもよく聞かれる「楔(くさび)のパス」。相手の守備を崩すためのクサビのパスが強い攻撃の柱となります。クサビのパスが通ればチャンスにつながる可能性が高まりますので、ゴールに迫る攻 …

話題のニュース