パス

センタリング・クロスボールとは?サッカーにおける攻撃の最重要課題

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:
更新日:

サッカーの中でも最もスタンダードな得点パターンに、サイドを突破した後、センタリングをシュートしてゴールという流れがあります。この理由はDF(ディフェンス)が最も危険な中央突破をさせないよう守備を固めているので、攻撃はサイドを突破しやすいことにあります。

今回はサイドを攻略した後のゴール前にボールを送るセンタリングについて解説します。

 

センタリングとは/クロスボールとは

センタリング(Centering)とは、攻撃がサイドから相手のゴール前にパスを送ることを示します。クロスクロスボールともいわれています。ほぼ同義と捉えても問題ありませんが、現在ではクロスという人が多いでしょう。

 

センタリングの種類

サイドからゴール前へ送るパス全般をセンタリングあるいはクロスと呼びますので、その種類は多岐にわたります。

ニアサイドへのクロス

GK(ゴールキーパー)の手前、あるいは手前のゴールポスト付近にパスするセンタリングです。低くて速い軌道のパスを送るのがポイントです。ヘディングはもちろん、足でのボレーシュートを狙うこともあります。

ファーサイドへのクロス

GKを越えた奥側、あるいは奥側のゴールポスト付近にパスするセンタリングです。ボールの軌道は戦術や状況によって異なります。身長が高いFW(フォワード)がいれば、山なりでもいいでしょう。相手のGKに取られないよう、カーブを掛けるのが有効です。ゴールから遠ざかるようにするか、GKを避けるようにするか。センタリングを上げる選手の利き足にも影響を受けるところです。

アーリークロス

サイドを完全に突破することなく早い段階で、ディフェンスラインとGKの間のスペースを狙うセンタリングは特にアーリークロス(Early Cross)と呼ばれます。DFの後方にボールがいき、下がりながらの守備しなくてはならないため、対応が難しくなります。

マイナスのクロス

アーリークロスとは反対にサイドの深くまで切り込んで相手ゴールライン付近から相手ゴールから遠ざかるようにクロスをあげることをマイナスのクロスと言います。相手ディフェンスからすると守りにくく、得点のチャンスにつながりやすいパスといえます。

マイナスのクロスとは?メリットと効果的な場面について

コーナーキック

コーナーキックはフリーでセンタリングをあげることができるチャンスです。ですが、相手DF(ディフェンス)には守備陣形を整えられてしまいますので、味方選手に正確に合わせられるような精度が求められます。

コーナーキックはチャンスなのか?コーナーキックのポイントとデータ分析

 

センタリングに必要な技術

センタリングはロングキックが一般的です。長い距離を正確にキックする技術が必要です。またフワリと高く浮かせる山なりにするのか、低く速い弾道にするのか、カーブをかけるのか、などといったバリエーションもあります。味方と敵のポジショニングを見て的確にゴール前にパスを送ることが求められます。

 

背が低いと不利になるか

様々な意見があるとは思いますが、背が低いと不利になる場合もあります。ロングキックで山なりのボールが来た場合、身長が高いほうが圧倒的に有利です。日本人は世界に比べ身長が低い傾向にありますので、攻撃においても守備においても不利と言えるでしょう。

しかし、それらはオフ・ザ・ボールの動きやセンタリングの球種により、いくらでも打開できます。センタリング一つをとってもチームの得点パターンが見えてくるので、サッカー観戦の見どころと言えるでしょう。

-パス
-, ,

関連記事

マイナスのクロスとは?メリットと効果的な場面について

マイナスのクロスとは?メリットと効果的な場面について

「マイナスのクロスを上げた」 こんな言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?今回は「マイナスのクロス」について解説をしていきたいと思います。マイナスのクロスとはどういったもので、メリットは …

最終ライン突破の鍵となるスルーパス

スルーパスとは?最終ライン突破の鍵となるスルーパスのコツとポイント

サッカーでは得点者の方が注目されることが多いスポーツです。できればゴールを狙いたいところですが、FW(フォワード)でなければなかなか難しいものです。 得点者と同様に注目されやすいのが、アシストが多い選 …

話題のニュース

サッカー見るならWOWOW

お申し込み月は無料でオトク