技術

オン・ザ・ボールは最大の見せ場!オン・ザ・ボールとは?

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:

Pocket
LINEで送る

サッカーはボールを足で扱うスポーツですが、豪快なシュートや華麗なドリブルには誰もが目を奪われてしまいますよね。ボールをコントロールする技術はサッカー選手にとって最大の見せ場になります。今回はそんなボールコントロール技術が明暗を分けるオン・ザ・ボールについて紹介します。

 

オン・ザ・ボールとは

簡単ではありますが、オン・ザ・ボールとはボールを保持している選手あるいはその状態のことです。反対にボールを持っていない上体のことをオフ・ザ・ボールと言います。

オフ・ザ・ボールの動きがサッカーの大部分を占めている!オフ・ザ・ボールとは

 

オン・ザ・ボールに必要な技術

ボールを保持するといっても、ただ保持しているわけではなく次のことを同時にしています。

敵に奪われないようキープする

相手はボールを奪いに来るわけですから、それを回避します。具体的にはボールを蹴られないように相手から離す、あるいはボールに体を入れられないよう体を当てることなどが考えれます。

周囲の状況を見て判断する

ドリブルできるか、パスコースはあるか、フリーな選手がいるか、チャレンジするべきか、ポゼッションするべきかなど。周囲の状況から次の流れを考えてアクションを起こします。もちろんボールが来る前の準備段階、つまりオフ・ザ・ボール時には考えていなければならないことですが、状況に応じて臨機応変に対応することが求められます。

つまりオン・ザ・ボール時にはキープとルックアップ(顔をあげて周囲を見渡すこと)の両方を行います。相手からのプレッシャーをかわし、足元にあるボールを操り、かつ広くフィールドを見ることが必要になります。

トラップ・ドリブル・パス・シュート

周囲の状況から次のアクションが決まれば、実行に移ります。アクションには、トラップ・ドリブル・パス・シュートがあります。どれも正確性が必要であり、確かなボールコントロール技術が必要です。サッカーの基本的な要素であり、トレーニングによって磨かれていきます。

 

実際にはあまり使われない用語でも・・・

オン・ザ・ボールとカッコよく言っても実際の現場で使われることは少ないかもしれません。なぜならボールを持つことはサッカーでは当たり前のことであり、重要性は既に十分に認識されているからです。「あいつはオン・ザ・ボールが上手い。」というより「サッカー上手い。」だけで意味は通じますよね。

プレーヤーはオン・ザ・ボールが楽しい!

サッカープレーヤーにとっては、何と言ってもボールを触ることが楽しいのです。子供でもプロでもそう感じるでしょう。子供のサッカーによくある団子サッカーなどは良い例ですね。オフ・ザ・ボールも大事ですが、『つまらない』のです。子供への指導にはボールに触ることの楽しさを伝えていくのが良しとされています。これからサッカーを始める人でも、伸び悩んでいる人もサッカーの魅力を思い出してみてくださいね!

-技術
-,

関連記事

ロングスローのポイントと投げ方

ロングスローといえばロリー・デラップというアイルランド人選手が有名ですが、近年でもよく見かけられる効果的な攻撃戦術のひとつです。ロングスローによって投げられるボールはコーナーキックやセンタリングに近い …

「マノン!」というサッカーの掛け声・・・マノンとは?

「マノン!」というサッカーの掛け声・・・マノンとは?

長くサッカーをしているとサッカー界でも様々な言葉が生まれているように感じます。筆者が無知であったためとも言えますが、やはり日本はサッカー後進国であり、サッカー用語は外国語が主です。用語の流行り廃りも海 …

FWがボールをもらうために必要なプル・アウェイの動きとは

FW(フォワード)はいかに相手のマークを外してパスを受け、シュートを打つかが鍵になります。ボールを持っていない、つまりオフ・ザ・ボールの動きがFWの評価に大きく影響すると言えるでしょう。今回は、オフ・ …

スコーピオン

サッカーで伝説のキックと言えばスコーピオンキック

サッカーにもいくつかの伝説があります。伝説のゴール、伝説の選手、伝説の名将・・・。その中でも今回は伝説のキック、スコーピオンキックについて紹介します。オーバーヘッドキックよりも難易度が高く、滅多に見る …

センタリング・クロスボールはサッカーにおける攻撃の最重要課題

サッカーの中でも最もスタンダードな得点パターンに、サイドを突破した後、センタリングをシュートしてゴールという流れがあります。この理由はDF(ディフェンス)が最も危険な中央突破をさせないよう守備を固めて …

話題のニュース