ドリブル

何のためにドリブルするのか?ドリブルの目的は、たったの3つ

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:
更新日:

Pocket
LINEで送る

前回はドリブルの要素を5つに分類しましたが、今回はドリブルをする目的を3つに分類しました。目的を理解するとドリブル要素の一つ「タイミング」が分かります。サッカーのゲーム中には常に何のためにドリブルをするのか常に考えながらプレーしなければなりません。

 

相手守備を突破する

ドリブルというと最初に浮かぶ目的は1対1で相手DFを抜き去ることです。FWであれば自身のマークを外すことができればシュートもできますので絶好のチャンスを作り出せるでしょう。またサイドを縦に突破することでセンタリングからの得点を狙うことができます。

その反面、相手DFを抜く技術は難易度が高くボールを失うリスクが高まります。また時間を掛け過ぎてしまうと相手守備陣形が整えられ、場合によっては数的不利な状況まで追い込まれてしまいます。まさにハイリスクハイリターンというわけです。

 

スペースにボールを運ぶ

もしボールホルダーの前にスペースがあれば積極的にボールを前に運びます。もちろん次のプレーに対してのプランも必要です。また必ずしも相手守備を突破しなければシュートが打てないのかといえば違います。スペースにボールを運ぶだけでシュートコースやパスコースが空く場合もあります。

相手DFを抜き去ることと比較すると難易度は低くなりますが、周囲を見渡す能力や次のアクションに対する戦略を立てる能力などが要求されるでしょう。

 

キープする

ボールを奪われないようにキープすることもドリブルのひとつです。キープをしていると味方のサポートが来ますので、次のプレーの選択肢を増やすことにつながります。しかしながら相手守備陣形を整える時間を与えることにもなりかねませんので、タイミングには気を付けたいところです。

またクサビのパスに対してキープすることができれば、周囲のスペースを上手く活用できるようになります。バイタルエリアでボールを失わずにキープできることはFWにとっては大きな武器になりますね。

 

まとめ

・相手守備を突破する

・スペースにボールを運ぶ

・キープする

ドリブルの目的は上記の3つになるでしょう。場合によっては重なる部分もあるかもしれません。何のためにドリブルするのかを考えると戦術・戦略の理解にもつながりますので、常に考えてプレーすることが求められています。

 

ドリブルに必要な5つの要素

-ドリブル
-, ,

関連記事

成功の秘訣!ドリブルに必要な5つの要素

ドリブルとはボールを保持すること、あるいは保持したまま移動することです。また保持するだけの状態をサッカーでは特にキープといいます。主にFWやMFが必要とする技術で、優れたドリブルができる選手ほど決定機 …

話題のニュース