キック

センスが光る!ヒールキックでワンランクアップ

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:
更新日:

Pocket
LINEで送る

ヒールキックはサッカー上級者のテクニックです。アウトサイドキックと同様にボールを奪われるリスクが高い反面、相手の裏をかくプレーで観客を魅了し、選手は気持ちがいいものです。今回はそんなヒールキックについて紹介していきます。

アウトサイドキックは使うな!諸刃の剣とも言えるアウトサイドキックの特徴と使い道

 

ヒールキックとは

ヒールキックとは、踵(かかと、Heel)でボールを蹴ることです。サッカーの試合で多用されることはありませんが、主にボール保持者の後方にボールを流す際に使用されます。後方へのパス、ドリブルでの切り替えし、グラウンダーのセンタリングに対してシュートなどの使用方法があります。

 

ヒールキックの特徴

ヒールキックはサッカーの中でもかなりトリッキーなプレーです。ボール保持者の後方にボールを運ぶため、ノールックであることが基本で、相手の意表を突くことができます。反面、その成功率も低いと言えるでしょう。

 

ヒールキックの蹴り方

ヒールキックの方法はいくつかあります。

足元にあるボール

片足を挙げた真下にボールが来るようにして、踵でボールを後ろに蹴り出すのが最もスタンダードな蹴り方です。足を前に大きく振り出すよりも腿(もも)を上げるイメージを持つと良いでしょう。

軸足の外側にあるボール

軸足の外側にボールをセットし、踵で蹴る方法もあります。足がクロスする形になります。蹴り足を自然に前に出した直後に、ヒールで後方にボールを蹴り出せば、相手DFも対応しにくいでしょう。

軸足前方にあるボール

インサイドキックと同じように足首を曲げて、踵でボールを真横に蹴り出すこともできます。インサイドキックのような形なので、フェイントには効果的です。

センタリングに合わせてシュート

センタリングに対してニアで待ち構える場合、ゴールは後方にあるため、ヒールキックで流してシュートするのは非常に効果的です。以下はお手本のようなヒールキックによるゴールです。踵かどうかは微妙ですが、一般的にこれはヒールキックの一種とされます。

 

ヒールキックの練習

ヒールキックは試合中あまり使用されませんし、失敗のリスクの高い技術なので、わざわざ練習するチームは少ないでしょう。どうしてもというなら、個人的に、かつ遊び半分で試してみるくらいがいいと思います。癖になってもいけませんから。

 

監督に嫌われたくないなら・・・

トリッキーなプレーは観客に好まれる一方、監督や指導者からは失敗率の高さから嫌われる傾向にあるでしょう。どうしてもヒールキックを使わなければならない場面なんてほとんどありませんから、別の選択肢を見つけた方が無難です。

それでもやるあなたは絶対の自信とセンスを持つテクニシャンか、あるいはただの目立ちたがり屋か・・・

-キック
-, ,

関連記事

正しいインサイドキックのポイントと練習方法

インサイドキックはサッカーでも最も使用されるキックの技術です。味方選手の足元へ正確にパスをすることももちろん、『シュートとはゴールへのパス』という言葉もあるとおり、FW(フォワード)が得点するための有 …

インフロントキックは多彩なキックができる万能技術

ボールの蹴り方には様々な技術があります。以前も紹介しているインステップキックやインサイドキックはサッカーの基本であり、試合で使われる大半のキックです。インフロントキックは使われる頻度は少ないものの、様 …

ここぞという時のアウトフロントキック

サッカーの試合では大きく5つのキックがよく使われます。その中には、ここぞという時にしか使われないアウトフロントキックがあります。最も難易度が高く、できれば使いたくないというのも本音ではあることでしょう …

アウトサイドキックは使うな!諸刃の剣とも言えるアウトサイドキックの特徴と使い道

インステップキックとインサイドキックがサッカーの大部分を占めるキックの技術になりますが、アウトサイドキックもメジャーなキックの一つです。ですが、その使用については注意が必要です。その理由をアウトサイド …

相手をあざ笑うかのようなトリックプレー、チップキックとは

チップキック(Chip Kick)とは、ボールの下に足を滑り込ませるようにしてボールを蹴ることで、スピードの遅い浮き球かつバックスピンをかけることができます。チップは欠片の意味があり、優しく少しだけボ …

話題のニュース