キック

サッカーで大事な5つのキック技術+2

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:
更新日:

Pocket
LINEで送る

サッカーは足でボールを蹴るスポーツですが、足と言っても幅が広く、状況によってどの箇所でボールを蹴るか使い分けられています。技術的には大きく5つに分類されますので、今回は5大サッカーのキック技術+2を紹介したいと思います。

 

インサイドキック

足の内側でボールを蹴る技術。ゴルフのパターのように、正確に相手の足元に届けるグラウンダーのパスなどに用いられます。逆のボールを浮かせるように蹴ることは難しいといえます。

正しいインサイドキックのポイントと練習方法

 

インステップキック

足の甲でボールを蹴る技術。最も強くボールを蹴ることができるため、シュートによく用いられます。しっかりとボールの中心にインパクトさせることがポイントです。

正しいインサイドキックのポイントと練習方法

 

アウトサイドキック

足の外側で蹴る技術。ボールに強くインパクトするのは難しいため、ショートパスやドリブルなどで用いられます。

アウトサイドキックは使うな!諸刃の剣とも言えるアウトサイドキックの特徴と使い道

 

インフロントキック

足の内側、親指の付け根あたりで蹴る技術。蹴り足の内側に曲がる回転やバックスピンを掛けることができ、ロングパスやフリーキックにも用いられます。

インフロントキックは多彩なキックができる万能技術

 

アウトフロントキック

足の外側、小指の付け根あたりで蹴る技術。蹴り足の外側に曲がる回転を掛けることができ、ロングパスなどに用いられます。難易度は高いため段階的な練習を必要とします。

ここぞという時のアウトフロントキック

 

おまけ①:ヒールキック

踵(かかと)で蹴る技術。相手の意表をつくプレーとなりますが、後方にキックするためには広い視野と正確なコントロールが必要になります。

センスが光る!ヒールキックでワンランクアップ

 

おまけ②:トーキック

足のつま先で蹴る技術。主にGK(ゴールキーパー)のタイミングを外すためのシュートに用いられます。

初心者とプロの違い。トーキックの凄さと可能性について

 

まとめ

サッカーでは状況に応じて、これらのキックを使い分けなくてはなりません。もっともリスクなく確実なキックで相手ゴールに迫っていきます。そのためにはトレーニングにより各キックの精度を高めていく必要があります。また左右のどちらでも蹴ることが望ましいので、相当な量の努力をしなければなりません。

 

-キック
-, , , , , ,

関連記事

攻撃の起点となる精度の高いパントキックのポイント

攻撃の起点となる精度の高いパントキックのポイント

サッカーのGK(ゴールキーパー)の仕事はゴールを守ることですが、近年ではペナルティエリア外でのボールコントロールやビルドアップにも参加するようになり、攻撃面での役割が増えてきています。パントキックは古 …

アウトサイドキックは使うな!諸刃の剣とも言えるアウトサイドキックの特徴と使い道

インステップキックとインサイドキックがサッカーの大部分を占めるキックの技術になりますが、アウトサイドキックもメジャーなキックの一つです。ですが、その使用については注意が必要です。その理由をアウトサイド …

初心者とプロの違い。トーキックの凄さと可能性について

子供たち、特に就学前~低学年のサッカーを見ているとトーキックによるボールコントロールが主ですよね。ボールを蹴る楽しさやサッカーの楽しさを学ぶためには大切な時期ですから、無理に教え込むよりは自由にプレー …

インフロントキックは多彩なキックができる万能技術

ボールの蹴り方には様々な技術があります。以前も紹介しているインステップキックやインサイドキックはサッカーの基本であり、試合で使われる大半のキックです。インフロントキックは使われる頻度は少ないものの、様 …

正しいインサイドキックのポイントと練習方法

インサイドキックはサッカーでも最も使用されるキックの技術です。味方選手の足元へ正確にパスをすることももちろん、『シュートとはゴールへのパス』という言葉もあるとおり、FW(フォワード)が得点するための有 …

話題のニュース