技術

サッカーで伝説のキックと言えばスコーピオンキック

オン・ザ・ピッチ管理人
スコーピオン

投稿日:

Pocket
LINEで送る

サッカーにもいくつかの伝説があります。伝説のゴール、伝説の選手、伝説の名将・・・。その中でも今回は伝説のキック、スコーピオンキックについて紹介します。オーバーヘッドキックよりも難易度が高く、滅多に見る事ができないそのプレーはまさに伝説です。

 

スコーピオンキックとは

スコーピオンキックとは、ダイビングヘッドの要領でボールの軌道にあわせてジャンプし、膝を曲げてヒールキックで前にボールを飛ばすことです。その様が尻尾を上げているサソリに似ていることから、スコーピオン(サソリ)と言われています。

 

まず有り得ない

伝説なので滅多に見られません。狙ってやるものではないので、通常は有り得ません。例えば以下の動画・・・

1995年、イギリスとコロンビアの親善試合でGK(ゴールキーパー)のイギータが見せたスコーピオンキック。

 

「いやいや・・・普通にキャッチすれば?」

100人が100人そう思います。私もそう思います。

だから有り得ないんです。

 

意図しない軌道への苦肉の対応

スコーピオンキックをトーキックなどと同様にフェイントの一種にして試合で使いこなすのは難しいでしょう。なので、通常は足が届かない範囲にボールが意図せず流れてしまった場合に、苦肉の策として用いられます。ですが、それが時にビッグプレーになるので見逃せないんですね。

 

2015年5月31日に行われたJ2第16節・大宮アルディージャ vs アビスパ福岡の試合でGKの加藤選手が見せたスコーピオンキック

 

スコーピオンキックでのゴール集

 

クロスボールにあわせるのが一般的ですね。パスがずれてしまい、FWの後方にボールが流れた場合にスコーピオンキックで対応しています。苦肉の策と述べましたが、そこにボールが来れば確実に狙いにいっているようです。

 

狙ってやるものではないかもしれませんが、こういう方法もあると知っておいた方がいいかもしれません。私も試してみたことがありますが、蹴ったボールが後頭部に当たりました(笑)

-技術
-,

関連記事

リフティングが上手くなるためのコツとポイント

リフティングはサッカーの代表的な練習方法のひとつで、上手い人ほど長く続けられます。サッカー習熟度のバロメーターにもなるでしょう。今回はリフティングが上手くなるためのコツとポイントを紹介していきます。 …

FWがボールをもらうために必要なプル・アウェイの動きとは

FW(フォワード)はいかに相手のマークを外してパスを受け、シュートを打つかが鍵になります。ボールを持っていない、つまりオフ・ザ・ボールの動きがFWの評価に大きく影響すると言えるでしょう。今回は、オフ・ …

センタリング・クロスボールはサッカーにおける攻撃の最重要課題

サッカーの中でも最もスタンダードな得点パターンに、サイドを突破した後、センタリングをシュートしてゴールという流れがあります。この理由はDF(ディフェンス)が最も危険な中央突破をさせないよう守備を固めて …

目からウロコ!スローインは唯一サッカーで手が使えるプレー

サッカーにおいて軽視されがちなスローインですが、それを攻略しなければ強くはなれないでしょう。コーナーキックやゴールキック以上に回数の多いセットプレーですので、ピンチにするのではなく大きなチャンスへと変 …

オフ・ザ・ボール

オフ・ザ・ボールの動きがサッカーの大部分を占めている!オフ・ザ・ボールとは

サッカーは足でボールを蹴るスポーツと理解されがちですが、実際に特定の1人の選手がボールに触っている時間は非常に短くなっています。そのためオフ・ザ・ボールの動きがボールを足でコントロールすること以上に重 …

話題のニュース