ルール

使ってはいけないサッカー用語集

オン・ザ・ピッチ管理人
使ってはいけないサッカー用語

投稿日:

Pocket
LINEで送る

サッカー用語は時代とともに変わっていきます!最新のサッカー用語を知っておくことも大事ですが、逆に使ってはいけない用語もチェックしておきましょう。いまでも使っていると恥ずかしいかも・・・

 

キーパーチャージ

現在ではキーパーチャージというファウルはありません。昔はゴールエリア内でのキーパーに対するチャージはファウルでしたが、ルールが緩和されフィールドプレーヤーと同等に扱われるようになったからです。

 

パスカット

日本サッカー協会ではパスカットは使わず、インターセプトと表記するようにしています。パスカットは和製英語になりますので、世界標準の用語を使うようにしているようです。

 

ファール

正確にはファウルだそうです。これは文字に起こしたときの表記の問題です。

 

ロスタイム

ロスタイムは現在ではアディショナルタイム(AT)となっています。ロスは失われたという意味で、どちらかと言えばネガティブですので、世界的に使われていたアディショナルタイムになったようです。

 

ラインズマン・線審

今でもついつい使用していますが、ラインズマン・線審のことを副審というようになりました。権限の拡大やマン=男にあたることなどから、1996年にFIFAにより変更されたようです。

 

自殺点

自陣のゴールに入れてしまうことで、ただしくはオウンゴール(Own Goal)です。自殺というのは確かにスポーツには似つかわしくない言葉ですね。

 

サドンデス

どちらかが得点をした時点で試合終了となる勝敗の決め方。サドンデス(Sudden Death)は突然の死を意味する英語で使うべきではないとのことから、用語が変更されました。ただしくは日本国内ではVゴール・海外ではゴールデンゴールといいます。

 

トーナメント

意外なNGサッカー用語にトーナメントがあります。現在ではノックアウト方式・ノックアウトステージになっています。トーナメントは広い意味で「大会」を意味しているようです。

日本サッカー協会 – サッカー用語

本用語集は、誤った使い方や紛らわしい用語、サッカー界で統一を図るべき用語などを抽出したものです。メディアに対しては日本サッカーの統一用語として使用している旨はお知らせしますが、ここに記している用語を強要するものではありません。

 

まとめ

サッカーでは世界に目を向けるために世界標準の用語を推進しているようです。和製英語などはなくなっていくとともに、アメリカ英語ではなくブリティッシュ英語を使うようにしています。

サッカー用具もすね当て⇒シンガードに変わりましたので、今後も色々なものが通じなくなっていきそうですね。

すぐに買いたくなる!サッカーに必要なアイテム一覧

-ルール
-, , , , , , , ,

関連記事

サッカーにおけるハンドの正式名称はハンドリングであって、手ではない。

『ハンド』は基本的なサッカールールの一つで、ボールを手で触ってしまうと相手に直接フリーキック、ペナルティエリア内であればペナルティキックを与えてしまうことになります。サッカーってどんなスポーツと聞かれ …

イエローカードの正式なルールと事例

イエローカードやレッドカードは試合の流れを大きく変えてしまう可能性があります。攻勢にでていたチームの選手が退場してしまい、10人で戦わざるをえなくなり守備一辺倒になってしまう。そんな勝敗にも大きく関わ …

コーナーキックはチャンスなのか?コーナーキックのポイントとデータ分析

コーナーキックは相手陣内で行うことができる数少ないセットプレーで、大きなチャンスです。しっかりと得点に結びつけたいのはもちろんですが、失点しないようにトレーニングすることも大事です。今回はコーナーキッ …

そんなに違うの?サッカースタジアムのコート面積・大きさ・広さ

サッカーコートは、ピッチやフィールドとも呼ばれます。狭いと感じたり、広く感じたりすることはありませんか?実はスタジアムによって広さが異なります。プロの選手は、そのわずかな距離の差にも微妙な調整を行って …

今さら聞けない!オフサイドとは?初心者にも分かりやすいオフサイドルールのガイド

日本でもサッカーの人気が急速に上昇してきています。いままでサッカーに興味なかった人もサッカーの話題が自然と耳に入ってきます。そんな時、知らなかったじゃすまされない『オフサイド』のルールについて解説しま …

話題のニュース