戦術

コンパクトなサッカーって?

オン・ザ・ピッチ管理人

投稿日:

Pocket
LINEで送る

子供たちのサッカーをよく「お団子サッカー」などと表現されますが、現代のサッカーにおいても「コンパクト」と表現されるようにボールを中心に選手が集まっています。今回はコンパクトなサッカーについて解説していきます。

 

コンパクトなサッカーとは

サッカー場の広さはおよそ105m×68mになりますが、実際に選手がいるエリアはボールサイドに偏っていて35m×40m程度とも言われています。縦の幅はもちろん横の幅も短くなり、3分の1、4分の1程度のスペースに敵味方あわせた22人の選手が密集している状態がコンパクトです。

逆にコンパクトにない状態を間延びしていると表現します。間延びしている状態ではボールホルダーにプレッシャーを与えにくく自由にプレーすることを許すことになります。

 

コンパクトなサッカーのメリット

プレーエリアをコンパクトに保つことは主に守備チームに大きなメリットをもたらします。

自由にプレーさせない

ボールホルダーにプレッシャーを掛けなければ、ドリブル・パス・シュートなど自由にプレーされ脅威にさらされてしまいます。ボールホルダーには、なるべく早くプレッシャーに行くことが大事です。ボールに対して守備陣形をコンパクトにすることで、相手にプレーできるスペースを消して素早くプレッシャーを掛けることができます。

数的有利を作る

ボールサイドに密集することでボールホルダーに対して複数人で奪いに行くチャンスが生まれます。お互いの距離が近いので、数的有利を作り素早くプレスを掛けることができます。

カバーしやすい

仮にボールホルダーがドリブルで抜いてきても、カバーの距離も近いためDFがフォローに行きやすくなります。

 

コンパクトなサッカーのデメリット

現代のサッカーではコンパクトに保つことが常識となっていますので、上記にあげたメリットは非常に大きいものになります。ですが逆に気を付けなければならないデメリットも多くあることも事実です。

逆サイドのスペースが空く

横幅をコンパクトにしている分、ボールがあるサイドとは逆側に大きなスペースができます。サイドチェンジによりボールを逆サイドに運ばれてしまうと自由にプレーされてしまいます。

サイドチェンジされないためにはボールホルダーにプレッシャーを掛けてパスコースを限定することが大事です。

DFラインの裏が空く

縦の幅を短くするとDFラインとGKの間にスペースが生まれます。ここのエリアにボールを出されると即失点につながりますので十分な注意が必要です。

裏に出されないようにプレッシャーをかけるのはもちろん、GKはスイーパー的なポジションをとり場合によってはペナルティーエリアを飛び出してクリアをします。

 

コンパクトに保つためには

守備陣形をコンパクトに保つためにはDFラインの押し上げが必須です。DFラインを上げることにより前線との選手と距離が近くなり自然とコンパクトな状態になります。

しかし、ただむやみに上げても裏のスペースを空けてしまうので、ボールホルダーが後ろを向くなど危険が少ない時に限ります。逆に裏のスペースが狙われている時にはDFラインを下げなくてはなりません。

 

まとめ

お団子サッカーはある意味ではコンパクトなサッカーと言えますが、全員がボールに集中してしまうという点ではやはり違いますね。コンパクトなサッカーには戦術的な理解と経験が必要です。チーム内での共通意識を持ってトレーニングにより身に付けなければならないところですね。

 

-戦術
-

関連記事

試合終了間際はパワープレーで押し切ることも必要?

試合終了間際はパワープレーで押し切ることも必要。パワープレーとは?

サッカーは運に大きく左右されるスポーツです。絶対的な力の差があっても勝ちきれないゲームを多く見てきました。もちろん負けてしまう要因のすべてを「運」のせいにすることは良くはありませんが、100%成功する …

ポゼッションサッカーの特徴と魅力

ボール支配率という言葉を聞いたことがありますか?最近ではテレビでサッカーを見ていても、スコアやシュート数などと共にデータの一つとして表示されるようにもなっていますよね。ボール支配率とは90分間の中で攻 …

ゾーンによってプレーを変える!アタッキングサードとディフェンディングサード

ゾーンによってプレーを変える!アタッキングサードとディフェンディングサード

サッカーではフィールドを縦に3等分して考えられることが多くあります。自陣のゴールに近いほうからディフェンディングサード(defending third)、ミドルサード(middle third)、アタ …

楔(クサビ)のパスは守備陣形を突破する攻撃の合図!

サッカーのテレビ解説などでもよく聞かれる「楔(くさび)のパス」。相手の守備を崩すためのクサビのパスが強い攻撃の柱となります。クサビのパスが通ればチャンスにつながる可能性が高まりますので、ゴールに迫る攻 …

リスタートこそチャンス!リスタートの意味とポイント

サッカーにおいて試合中の90分間は一度も気を抜いてはいけない時間です。それはアウトオブプレーになった時にも同様のことがいえます。リスタートをチャンスにするため、失点につなげないためには攻守とも集中を切 …

話題のニュース